人生逆転のマレーシア留学

何もなかった男が、人生逆転するまでの軌跡を綴ります。

【後悔?】マレーシアでの海外生活が一年経ったので、正直に振り返ってみた感想【大学留学】

早いもので、マレーシアに来てから一年が経った。ぶっちゃけ僕は、全然この1年間に満足していない。「俺は1年間何をしていたんだろう?」と、後悔にも似たような感情を抱く自分がいる。

海外生活が辛くて、悪夢を見てしまった話【マレーシア留学生の苦悩】

今朝、僕はひどく怖い夢を見た。いや、怖いというより"悲しい"という表現の方が適切かもしれない。夢で見た場所はたぶん、高校か大学だったと思う。 僕は30人くらいのクラスメイトと共に、教室の中にいた。

何のために生きるのか?マレーシアで、人生の目的や意味をふと考える

ぼくたちは何のために生きているのか? 今日は、このことについて考えてみました。

「他人に興味や関心がない」という性格を治そうと思った話

他人にあまり興味がないという事は、悪いことなのでしょうか?これは最近の僕の悩みであり、疑問でもあります。今日はこの事について、自分なりに考察してみました。

マレーシアの大学で出会った先生が、ホームシックの僕を救ってくれました【留学生活】

今週から新学期がはじまったのですが、とてもいい先生に巡り合えました。恩師となるその人は、僕の英語の先生。4〜50代くらいで、シンガポール出身の女性。、教師の他にも、セラピストやヨガのインストラクターとしても活動しているそう。

海外留学生活は孤独・ホームシックとの戦い【マレーシア大学留学生の本音】

外国人として生きるという事は、予想以上に孤独です。大学の勉強も英語。買い物に行っても英語。友達と話すのだって英語。そんな毎日の最中。特に家にいる時なんかは、一人ですから、孤独を感じる訳です。

日本の子供は、7人に1人が貧困状態。「相対的貧困」の定義と、解決策を考えよう

どうも、ユウト(@Just_Yuto)です。 今日は、日本の子供たちの貧困について書きました。 裕福な国、日本にも貧困は存在する 日本に蔓延る、相対的貧困のリアル 日本の貧困は見えにくい 貧困が生む、子供の教育格差 実はぼくも、貧困家庭出身 日本の貧困を減…