人生逆転のマレーシア留学

工業高卒のフリーターだった僕が、マレーシア留学で人生逆転

【全部暴露します】落ちこぼれの元ヤンが、#過去10年を振り返る【人生逆転】

f:id:What_I_do:20191011185716j:plain

 

こんにちは、Yuto(@Just_Yuto)です。 

最近、Twitterで話題になった「#10年間を振り返る」というネタ。

 

面白いので、僕も便乗します。

まぁ、Twitterでは既にざっくりと振り返ったんですけどね。

 

 



12歳 バスケ少年
13歳 部活辞めて、グレる
14歳 🚬で補導
15歳 偏差値30代の高校に進学
16歳 ヤンキーと遊ばなくなる
17歳 修学旅行の💰で東京一人旅
18歳 上京&就職
19歳 不安障害になる
20歳 人生変える為に勉強開始
21歳 働きつつ、ひたすら努力
22歳 マレーシア留学なう

 

誰得?って感じの記事ですが、書きます。

ヒマな時にでも見ると面白いかもです。

 

 

落ちこぼれの元ヤンが、#過去10年を振り返る

f:id:What_I_do:20191011194332j:plain

 

正直、結構ネガティブな過去が多く、振り返るのをためらいたかったです。

でも、僕のブログタイトルである「人生逆転」というキーワード。

 

僕がどのように逆転してるのかを理解して頂く上で、過去は明かすべきだと判断し、全て暴露します。

 

では、ザッと振り返っていきましょう。

 

12歳 バスケ少年

中学一年生。小学校からプレイしていたバスケを頑張っていました。

ヘタでもなければ上手くもない、普通のバスケ少年。

 

全然面白みが無いので、カットしますw

 

13歳 部活辞めて、グレる

中学2年。クラス替えでヤンチャな子と仲良くなります。

夏休みくらいから、部活をサボって夜中まで遊んでましたね。

 

ある日、バスケ部の仲間全員が「バスケ部に戻って来てくれないか」と説得しに来てくれました。

みんな良いヤツ過ぎです。

 

少し戸惑いましたが、捻くれまくってた僕は、テキトーな事を言って拒否。

けじめをつける為に、部活顧問の先生に辞める旨を伝え、退部しました。

 

14歳 タバコで補導

そんなイイ奴らを裏切り、バスケ部を辞めた僕は、後めたさもあってか更にグレます。

不良仲間と一緒に、毎晩酒やタバコを嗜んだり、悪い事をする日々。

 

この時、放課後に制服姿のまま公園でタバコを吸っていた所で、補導されます。

 

親や先生にこっぴどく叱られ、少しだけですが「あっ、俺ダメな事してるな」と気づき始めます。

 

15歳 偏差値30代の高校に進学

アホな事ばっかりしてた僕ですから、学力は中学一年生で止まってます。

足し算とアルファベットが出来れば入れるような、偏差値30代の工業高校に進学しました。

 

地元で有名なヤンキーがチラホラ居るような高校で、1学年時の退学者は20〜30人くらいいました。

 

16歳 ヤンキーと遊ばなくなる

中学時代のヤンキー仲間は中卒か定時制に通っていたので、徐々に遊ばなくなります。

 

また高校内でも、本当にヤンチャな生徒や落ちこぼれは入学後すぐ辞めていくので、高校二年生は比較的落ち着いている生徒が残ります。

 

  • 勉強は好きじゃないだけで、人に迷惑は掛けない生徒
  • 超ゲームオタク

 

大体こんな感じで二極化されてましたね。

僕は前者のタイプ。勉強は相変わらず大っ嫌いで、赤点まみれでした。

 

17歳 修学旅行のお金で東京一人旅

集団行動が嫌いな僕は、修学旅行を休みます。

代わりに、そのお金でひとりで東京に行きました。

 

人生初の東京です。匂い、人、景色、全部違います。

今でもあの感覚は覚えています。

 

この時、「高校卒業したら絶対上京する!」と誓いました。

 

18歳 上京&就職

高卒後、上京してファッション関係の仕事に就きました。

理由は、髪の毛染めれてオシャレ出来るからです

 

結果は、給料が安過ぎて5ヶ月くらいで退社しました。

マジでアホです。

 

その後、先輩のツテで、自動車工場に派遣社員として入社します。

 

19歳 不安障害になる

日勤・夜勤が1週間ごとに変わる二交代制勤務。

自律神経は乱れまくりでした。

 

プラス、他の同級生は学生や社会人として頑張ってる中、自分は何も頑張ってない事に気付きます。

そして更に、中学時代にしてきた悪さに責任を感じ、ひたすら自己嫌悪に陥りました。

 

結果、不安障害と診断されます。

 

要するに、めちゃくちゃ病みました。

 

20歳 人生変える為に勉強開始

「人に迷惑を掛けた事、今まで何も努力をしてこなかった事」

 これを償いつつ解消するにはどうすれば良いのか、考えまくりました。

 

そこで、ある一冊の本を購入し、読みました。

 

その本がきっかけで「超努力すれば、人生変えれるかも」と思い、Be動詞から英語を勉強し始めます。

 

21歳 働きつつ、ひたすら努力

酒もタバコも辞め、仕事終わりはほぼ毎日英語を勉強しました。

この辺からは、過去を振り返らず、がむしゃらに未来に向かって鬼努力です。

 

泥臭く、ひたすら英語を勉強しました。

 

22歳 マレーシア留学なう

そして今。

今年2019年9月から、自分で貯めたお金と奨学金のみでマレーシア留学中です。

ついでにこのブログも同じく9月から開設しました。

 

グレたり、病んだり、色々ありました。

でも今は、割と良い方向に進んでいる気がしますね。

 

人生の転機は2回あった

f:id:What_I_do:20191011185955j:plain

 

良くも悪くも、この10年間でのターニングポイントは2回ありました。

下記の通りです。 

 

  • 13歳 部活辞めて、グレる
  • 20歳 人生変える為に勉強開始 

  

この2つは、もう少し語らせてください。

 

13歳 部活辞めて、グレる

悪い意味での転機ですね。

なんでグレたのか、もう一度まとめてみます。

 

  • 悪い友達と仲良くなった
  • バスケ部の仲間に対して後ろめたさがあった
  • 悪い事をして注目を浴びたかった
  • 親が忙しく、孤独だった 

 

こんな感じですかね。

いわゆる中二病ってやつで、「悪い事してる俺カッケェ」状態でした。

 

更に、この時期は親が仕事で忙しくしており、家に帰っても誰もいない事が多かったのも原因だった気がします。

 

悪い事をして注目を集め、他の生徒や先生、親に構って欲しかったんだと思います。

きっと寂しかったんでしょうね。

 

20歳 人生変える為に勉強開始 

この時期はマジで辛かったですね。

不安障害になり、寝れない夜が続きました。

 

病んだ原因は2つ。

  • 二交代制の工場勤務
  • 自己嫌悪

これですね。

 

「今まで色んな人に迷惑かけたなぁ」「今まで俺、何一つ努力した事ないなぁ」「他の同世代の奴らは学校とか、仕事とか頑張ってるのに、俺何してんだ」 「毎日同じことの繰り返しでクソつまんねぇな」

不規則な生活の中で、こんな事ばっかり考えてました。

 

そんな時、気を紛らわせる為に、本屋でとある一冊の本を買いました。

それが、サミュエル・スマイルズという著者の「向上心」。

 

 

この本は、19世紀頃にイギリスで書かれた本です。当時なんてめちゃくちゃ貧困差があった時代なんですけど、“その中でも挫けず、めちゃくちゃ貧乏な人が、猛勉強して人生を逆転する”といったストーリーがいくつも紹介されてます。

 

もうこのブログでは何回もこの本をオススメしています。

だって、今の僕があるのは全部この本のお陰ですもん。マジで全員に読んで欲しいです。

 

この本を読み終えた後に、マジで英語を勉強し始めました。

 

その後のより詳しいストーリーは、この記事にまとめています。

www.yuto-malaysia.com

  

 

まとめ:人生は努力すれば変わる 

f:id:What_I_do:20191011190424j:plain

 

こんな元落ちこぼれの元ヤンでも、今はこうして海外で勉強をしています。

今回の、10年間の振り返りで見たとおり、僕は何もない底辺から人生逆転をしてる最中。

 

過去にめちゃくちゃしてたお陰(?)で、人と違う事に対して何も疑問を抱きません。もう慣れてます。

かつ、例の本のお陰で「向上心を持ち続け、努力さえすれば誰でも道は拓ける」事に気が付きました。

 

こんなアホでも何とか留学出来てる訳ですから、読者の皆さんはもっと楽勝に何でも出来ちゃうと思うんですよね。

 

たとえ、僕と同じくらい底辺の方でも、努力さえすればOKです。

環境に言い訳せず、今にフォーカスして、少しづづやる事をやりましょう。

 

出来ない事なんて無いです。

 

という事で、今回は以上になります。

それでは。