人生逆転のマレーシア留学

マレーシア/留学/英語/書評/ニュース/ライフハックetc...割と色んな事を書きます

「いじめ」と「ネット炎上」は構図が同じだと思う話【理由も解説】

f:id:What_I_do:20200317202706p:plain

どうも、ユウト@Just_Yuto)です。

 

インターネット上では、たびたび「炎上」を目にします。

理由はさまざまですが、だいたいは以下の2パターンに分かれるケースが多いです。

 

  • 犯罪行為をする者
  • 偏った思想を持つ者

 

前者の代表例が、「バカッター」です。あるクソガキが、店で騒ぎ立てる動画なんかをSNSに載せて、しまいには炎上するのです。ご存知の方も多い事でしょう。

 

そして後者ですが、よくあるのが差別的な発言によってネットユーザーの反感を買い、炎上する流れです。

 

このように、ネット上にアップロードした、バカな行為や誤った発言が拡散され、「ふざけるな!!」と叩かれる事を炎上と呼びます。

間違っている事を正すのは大事ですが、しかしぼくは、「炎上」と「いじめ」は、非常に似ているナァ…と思うのです。

 

「いじめ」と「ネット炎上」は同じ仕組みだと思う話

f:id:What_I_do:20200317202416j:plain

学校でいじめられる理由

いじめられっ子はなぜいじめられるのかを考えてみます。

「見た目がキモい」

ガリ勉でムカつく」

「鼻につく言動が多い」 

 

ざっと、いじめの理由を考えてみました。

こう考えると、普通じゃない子ほどいじめられやすいのでは無いか、と考えられます。

 

あとは、日本に住む混血(ハーフやクオーター)の方々の多くは「いじめを受けた事がある」と答えます。

www.youtube.com

 

以上から、人と違う容姿や言動によって生まれるいじめというのは、数多く存在するのでは無いかと、ぼくは考えました。

 

ネット上で炎上するまでの流れ

いじめの原理を考察したところで、もう一度炎上についておさらいしましょう。

 

  • 犯罪行為をする者
  • 偏った思想を持つ者

 

だいたいの炎上は、上記のいずれかに該当するんじゃ無いかと思います。

前者は、直接人に迷惑をかけ、後者は直接的な迷惑はかけていないのが大きな違いです。

 

つまり、普通の人がやらないような、非常識な言動(もしくは犯罪行為)によって目立ち、結果、炎上する。

この大まかな流れは、いずれも共通しています。

 

いじめと炎上に共通する事

人と違う容姿や言動によって発生するのが、いじめ

非常識な発言や犯罪行為によって目立ち叩かれるのが、炎上。

 

こうして比べてみると、この二つが起こる原因は非常に似ているように感じます。

「人と違うヤツ」ほどターゲットにされやすい、と捉える事もできます。

 

そして、いじめる側と炎上した人を叩く側も、かなり似ています。

 

いじめる人の心理

いじめる側の心理を考えてみましょう。

  • 「アイツはキモいから、ぶん殴ってもいいんだ」
  • 「他のクラスメイトもみんないじめてるし、自分もいじめていいんだ」

 

このように、いじめる側は、自分が悪い事をしているなど自覚がない場合が多いのです。中には「いじめられるヤツが悪いんだ」と開き直り、まるでいじめが正義であるとすら考える輩も存在するのです。

 

ネットで叩く人の心理

次に、ネットで叩く人の心理を考えてみましょう。

  • 「店内で迷惑行為を働いたから、学校を特定してやる」
  • 「間違った発言が多いから、意見してやろう」

 

こんな感じでしょうか。叩く人は、正義を振りかざしている場合が多いです。

両者とも、自分は正義だと考え、大人数で個人を攻撃するという心理であることに気がつきます。

 

「ネットリテラシー」を高める必要がある

f:id:What_I_do:20200317202520p:plain

集団が正義を振りかざし、目立っている個人を攻撃する。

「いじめ」と「ネット炎上」の仕組みは、確かに似ています。

 

いじめに対する教育は進んでおり、ほとんどの人は「いじめはダメな事だ」と思うはずです。なぜなら、学校や親がそのように教えてくれますからね。モラルのある人であれば、誰もがそう思えるはずです。

 

 

 

しかし、ネット炎上はというと、きわめて現代的な問題です。

「正しいネットの使い方」を教わっていないので、何が良くて何がダメなのか、というネット上のモラルが低い人がほとんどです。

最近の小・中学校は、情報モラル教育を導入しているそうですが、まだまだ浸透していません。

 

大人も子供も、正しいネットリテラシーが十分に備わっていないのが現状です。

ネットリテラシーが低いせいで、みんなで寄ってたかって炎上に加担してしたり、「トイレットペーパーが売り切れる!」というデマに踊らされたりしてしまうのではないかと、ぼくは思うのです。

 

関連記事:トイレットペーパー不足のデマが広まったのは、日本人の洗脳体質が理由だと思う話 

 

もちろん、犯罪や迷惑行為、差別発言をする人を擁護するわけではありません。しかし、集団で個人を攻撃し、人格を否定し、挙句は住所を特定するのは、明らかに度が過ぎています。

 

いま一度、大人だろうが子供だろうが、どのようにネットを使うべきなのかを考えてみる必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

関連記事

ネット上のバカ情報に騙される人の特徴【対策も紹介】

www.yuto-malaysia.com

 

【危険】インスタを辞めるべき理由【いいね数の闇】

www.yuto-malaysia.com

 

洗脳社会の日本で上手に生きる方法【現代洗脳のカラクリ】 

www.yuto-malaysia.com

 

【大学生、社会人向け】人生を変えるオススメの自己投資3選 

www.yuto-malaysia.com

 

読書がクセになる!コスパ最強の「Kindle unlimited」を紹介【メリットだらけ】 

www.yuto-malaysia.com