人生逆転のマレーシア留学

マレーシア/留学/英語/書評/ニュース/ライフハックetc...割と色んな事を書きます

日本は「働くために生きる時代」になってしまった【マスク2枚配布の闇】

f:id:What_I_do:20200401211028p:plain

 

どうも、ユウト(@Just_Yuto)です。

いま、世界中が混乱しています。言わずもがな、憎きコロナウイルスが原因。

 

ぼくは留学のためにマレーシアにいますが、4/14まで外出禁止令が出ております。

学校も職場も全て休み。夜に外出すると、25,000円相当の罰金が課せられるくらいに厳しいです。いわば、マレーシア政府から、引きこもりを強制されている状況です。

 

日本は妙に能天気だけど、みんな死ぬのは怖くないのかな🤔けっこうなリスクを背負って会社や学校に行く意味ってある?それ、命より大事?— ユウト@マレーシア (@Just_Yuto) April 1, 2020

 

しかし日本はというと、外出自粛というなんともユルイ対応を施しているだけ。日本国民は、いつも通り学校や職場に行っていると聞いて、驚きを隠せません。

 

日本は「働くために生きる時代」になってしまった

f:id:What_I_do:20191228213834j:plain

平日は会社に出勤して、休日は不急不要の外出禁止ってマジか。日本は遂に、「働くために生きる時代」になってしまった。— ユウト@マレーシア (@Just_Yuto) March 28, 2020

 

上記ツイートの通りです。

「平日は会社に行って働けよ。でも、休日は外出を自粛な!」と発表しているのが、日本政府の現状。

人がギュウギュウに詰め込まれた満員電車。狭くて人の密集するオフィス。コロナ感染しに行ってるようなモンです。

 

感染するリスクを冒してまで働き、休日は一日中家に居ろだなんて、まるで働くために生きているみたいじゃないですか。

 

海外では、現金給付や失業手当などのサポートを開始

とはいえ、生活をするにはお金が必要。そのために働くのですが、今は外出を控えなければ行けません。そこで諸外国はいま、国全体を封鎖し、国民への現金給付を開始しています。

 

英:216億円を緊急拠出
仏:失業手当受給条件を緩和
独:6兆円の財政出動
伊:緊急基金を創設
米:83億円の緊急支援
加:フリーランスには15万円を4ヶ月支給
豪:芸術支援に約3億3000万円
シンガポール:国立文化施設利用料を減免
香港:7億円規模の支援

日本:布マスクを2枚 https://t.co/nROgDPc1LU

— kog (@murekinnoto) April 1, 2020

 

各国では、大規模な支援が行われています。

ぼくの留学先マレーシアでも、以下のような支援がされるようです。

マレーシアのムヒディン首相は27日、年間国内総生産GDP)の16%に相当する2300億リンギ(約5兆8千億円)の追加経済対策を発表した。マレーシアは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、4月中旬まで一部の重要産業を除き企業活動を停止している。巨額の財政出動によって経済への悪影響を少しでも軽減したい考えだ経済対策には低所得者への現金給付や、売り上げの急減した企業で働く従業員の給与肩代わりを盛り込んだ

引用:日本経済新聞

約5兆8千億円を、低所得者への現金給付や、売り上げの急減した企業で働く従業員の給与肩代わりに充てると、マレーシア首相が発表している。

 

各国はこのように、コロナ感染を防ぐため国民の外出は控えさせ、そして現金支給をしているのです。

では日本はどうでしょうか?

 

日本の支援:マスク2枚を配布するだけ…?

www.youtube.com

 

安倍首相による国民への支援。それは、「全世帯に、布マスク2枚を配布」する事だそうです。

※これはギャグでも、エイプリルフールの嘘でもありません

 

ぼくのような青二才でも分かります。さすがに手当がしょぼすぎやしませんか。。

「じゃあお前が具体案を出してみろよ」と言われると、ぐうの音も出ませんが、海外を見習って、手厚いサポートを採用していもいいんじゃないでしょうか。

 

このままでは、コロナが落ち着く頃にはとんでも無いことになりますよ…。

 

日本でも新しい階級社会が出来つつある。危機感を持てる人々と、危機感を持てない人々である。危機感を持てない人は、どういったものが危機感なのか、危機感を持つとはどういう事か、わかっていない。危機感とは本質的に生存に関わる事である。私はもうそういう日本や日本人には言及したくない -村上龍— ユウト@マレーシア (@Just_Yuto) March 31, 2020

 

 

上記は、村上龍すべての男は消耗品である。という書籍からの引用です。規制の厳しいマレーシアに住むぼくから言わせると、どうも今の日本は平和ボケして、危機感が無いように見えてしまいます。

 

「外出は自粛して、個人的に対策をしよう!」と言われても、それが通用するのは自由な働き方をしている人に限った話。ふつうの会社員が、出勤時間をズラしたり、自主的に出勤を控えてリモートワークをするなんて権限はありませんよね。

 

だから、政府が外出禁止令を発表して、街をロックダウンする必要があるのではないでしょうか。コロナ感染のリスクを背負ってまで、会社や学校に行く必要はないと思うのですが。いかがでしょうか。

 

一刻も早く、以前のような、ピースフルな日が来る事を祈っております。立ち上がろうニッポン。

 

 

 

※紹介した書籍は、すべて Kindle unlimitedで読めます。

関連記事:【コスパ最強】読書がクセになる!電子書籍が読み放題のサービス「Kindle unlimited」【メリットだらけ】

 

 

おすすめ記事をピックアップ

洗脳社会の日本で上手に生きる方法【現代洗脳のカラクリ】

www.yuto-malaysia.com

 

【マレーシア全土封鎖】マレーシア留学生ですが、コロナの影響で日本に帰れません 

www.yuto-malaysia.com

 

【コスパ最強】読書がクセになる!電子書籍が読み放題のサービス「Kindle unlimited」【メリットだらけ】

www.yuto-malaysia.com