人生逆転のマレーシア留学

マレーシア/留学/英語/書評/ニュース/ライフハックetc...割と色んな事を書きます

【バビロン大富豪の教え】お金持ちになるための「五つの黄金法則」を紹介【書評】

f:id:What_I_do:20200801202100p:plain
どうも、ユウト(@Just_Yuto)です。

最近は週に1〜2冊のペースで本を読んでいます。

 

その中でも特に、「バビロン大富豪の教え」という本が、お金の勉強をする上で非常にいい本だったと感じたので紹介します。

 

というのも、漫画なのですごい読みやすく、かつきちんとしたマネーリテラシーが身に付くので、読書好きの方から、普段あんまり読書をしない人にまでオススメできるという意味で良書だと思いました。

 

  • 普段、本をあまり読まない人
  • お金の勉強をしたい人

 

上記に該当する方には、是非読んでいただきたいです。

 

また、Kindle unlimitedを利用中の方は無料で読み放題なので、是非この機会に読んでみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:【コスパ最強】読書がクセになる!電子書籍が読み放題のサービス「Kindle unlimited」【メリットだらけ】

 

 

 

さて、ここからはもう少しこの本の内容に触れていきましょう。

本書では、お金持ちになるための「五つの黄金法則」が紹介されていました。

 

 

お金持ちになるための「五つの黄金法則」を徹底解説

貧困, 黒と白, 感情, Hdr, 悲しみ, 生活, お金, 年金, 年齢, 手

五つの黄金法則は、以下の通りです。

  1. 貯金:収入の10分の1以上を蓄えよう
  2. 投資:お金を働かせよう
  3. 勉強:お金持ちから助言を貰おう
  4. 理解:自分の商いを理解しよう
  5. 我慢:甘い誘惑や欲望を断とう

 

一つずつ深掘りしていきましょう。

 

貯金:収入の10分の1以上を蓄えよう

まず、自分の収入の10分の1位上は貯金する事。本書によれば、収入の10分の1を貯金しても、生活水準が変わらないと言います。

皆さんが想像するお金持ち像といえば、高級マンションに住み、ブランド物で全身を包み、ベンツを乗り回している人を想像するのかもしれません。

 

しかし、実際は全く別なのです。ジョージア州立大学の元教授、トマス・J・スタンリー著書の「The Millionaire Mind」によれば、アメリカの総資産100万ドル以上の富裕層は高級車の所有率が極めて少なく、自宅は中古物件で、靴や家具は修理して使い、その代わり、家族との時間をとても大切にするのだそうです。

 

 

 

投資:お金を働かせよう

貯金したお金は、ぜひ働かせましょう。お金持ちの多くは、お金が勝手に働いてくれるシステムを持っています。本章では、投資をオススメしていました。

中でも、「外国株式のインデックスファンド」の長期運用が最適だと言います。

 

外国株式のインデックスファンドとは?

ざっくり説明すると、アップルやマイクロソフトなどの、世界中の優良企業(約1700社)にに分散して投資をする株のことです。

一つの会社の株を買うだけでは、株価が下がった際のリスクが大きいですが、外国株式のインデックスファンドのような分散型の株であれば、一、二社の株価が傾いても、そこまで痛手にはなりません。更に、投資先は世界中の優良企業ですから、「ある日突然株価が大暴落!」といったリスクは割と低いはずです。

 

ネットの証券会社で口座さえ開けば、数万円程度から投資をすることができます。手数料も1ドルにつき一円と、非常に安価です。

 

 

勉強:お金持ちから助言を貰おう

すでに成功しているお金持ちの助言に耳を傾ける者には、黄金が離れる事はありません。

私たち日本人は、学校でお金についてほとんど学ばないので、マネーリテラシーが低いと言われています。無知のままでは、リスクを取ることを恐れ、良質な投資先を失うことになってしまいます。

ですから、成功しているお金持ちから助言を貰う必要があるのです。

 

例えば、先ほど紹介した「外国株式のインデックスファンド」にしろ、投資をする前に、まずは既に成功した投資家に話を聞いたり、本を読んだりすることが大切です。

 

理解:自分の商いを理解しよう

自分が深く理解していないビジネスや、お金持ちが否定する商いに投資をしてしまう者からは、お金が離れていきます。

 

本書でも、悪い大人にカモられてお金を奪われるシーンがありました。なぜなら、主人公が知りもしないビジネスにお金を出してしまったからです。世の中にも、親切なフリをしてお金を搾取しようとする人は沢山います。お金は、自分で防衛しないと逃げてしまいます。ですので、何かに投資をする前は、まずその業態について勉強をし、深く理解するようにしましょう。

 

我慢:甘い誘惑や欲望を断とう

非現実的な利益を出そうとしたり、謀略家の甘い誘惑に乗ったり、自分の未熟な経験を妄信したりする者は、お金を失います。

 

「儲かるビジネスがあるんだけど、話聞かない?」

 

みたいな誘い話を受けたことのある人は多いはずです。私も何度か誘われた経験があります。

そういった、あまりにも虫のいい話というのには裏があり、投資した者は損をするのが世の常。しかし、人の欲は無尽蔵で、際限が無いので、ついつい甘い誘惑に乗ってしまう人が後を断ちません。

 

自分の欲望に負けて、ラクをしようとする人は、お金を稼げないのです。

 

 まとめ:「バビロン大富豪の教え」はお金の勉強に最適な一冊

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金 ...

今回紹介した「バビロン大富豪の教え」は、お金の勉強になりますし、マネーリテラシーを身に付けたい人にはピッタリな一冊だと思いました。

 

私のようにビジネス書をよく読む方であれば、知ってる内容がチラホラあったりするかと思います。しかし、「古代バビロンからビジネスはあまり変わっていないんだな〜」といった気づきがあり、ビジネスの本質をもう一度理解するいい機会になりました。

 

無料で「バビロン大富豪の教え」を読もう

ちなみに、私はKindle unlimitedを利用しているので、この本を無料で読みました。

Kindle Unlimited」とはAmazonのサービスで、ざっくり説明すると、月額たったの980円12万冊以上電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

 

 

私は月に10冊ほど本を読みますが、このサービスのおかげで月の読書代は千円以内に抑えることができています。オススメですよ。

 

関連記事:【コスパ最強】読書がクセになる!電子書籍が読み放題のサービス「Kindle unlimited」【メリットだらけ】

 

今回紹介した本「バビロン大富豪の教え」