人生逆転のマレーシア留学

マレーシア/留学/英語/書評/ニュース/ライフハックetc...割と色んな事を書きます

【マレーシア】買い物、レジでの超リアルな英会話【大学留学】

f:id:What_I_do:20200208202133p:plain

この記事でわかる事
  • 買い物で役立つフレーズ
  • マレーシアで使われる英会話
  • 日常の英会話を伸ばす参考書

 

どうも、Yuto@Just_Yuto)です。

マレーシアで留学をしています。 

 

現地のスーパーやカフェで物を買う際は、当然ですが店員と会話をしなければなりません。

何気ないやり取りではありますが、英語初心者や初海外の人にとっては、結構ビビりますよね。。

 

ぼくもそうでした。

ですから今回は、マレーシアでの買い物時によく使われる、超リアルな英会話フレーズをご紹介します。

 

マレーシア英語はめちゃくちゃシンプルなので、英語初心者の方でも安心です。

 

マレーシアで買い物、レジでの英会話を紹介

f:id:What_I_do:20200208201058j:plain

ではまず、レジ前で交わされる会話を文字に起こします。

 

店員:Hi. Member's card?

(いらっしゃいませ。メンバーズカードは持ってますか?)

 ぼく:No

(持ってません)

まずはじめに、スーパーの会員カードを持っているか聞かれます。

持っているならYes、そうでければNoと答えましょう。

 

店員:Plastic bag?

(プラスチックの袋は必要ですか?)

ぼく:Yes, please.

(はい、お願いします)

次に、レジ袋が必要かどうか聞かれます。

必要ならYes、不要ならNoと答えましょう。

 

ちなみに、袋は有料です。(一袋:20セント)

 

店員:PIN or wave?

(支払い方法はPIN?Wave?)

ぼく:PIN.

(PINで)

クレジットカード払いだと、必ず聞かれます。

めちゃくちゃ重要なので、後ほど詳しく解説します。

 

ぼく&店員:Thank you!!

(ありがとう!)

 

最後は気持ちよくお礼を言い合って終了。

お疲れ様でした!

 

カード払いの「PIN or Wave」とは?

PINは、カードを差し込み暗証番号を入力する決済方法。

クレカは、PINでの決済が多いかと思います。

 

下記画像の通りですね。

f:id:What_I_do:20200208185926j:plain

そしてWaveとは、タッチ決済の事です。

Master cardだと、この決済方法でスマートに会計を済ませられます。

 

カードにWi-fiのようなイラストがあれば、Wave対応可。

f:id:What_I_do:20200208190641j:plain

 

セキュリティ面で安全なのは、暗証番号を入力するPIN決済です。

 

ちなみに、マレーシアは日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、クレカが無いと死活問題です。

これから留学予定の方は、事前に日本のクレカを発行しておきましょう。

 

おすすめは、圧倒的に楽天カード

審査基準がゆるく、18歳以上であれば学生でもOKです。

 

年会費無料も無料なため、めちゃくちゃ重宝します。

ぜひ作りましょう。

 

楽天カードの申し込みはこちら

 

マレーシア英語は、超シンプル 

以上が、超リアルな会計時の会話。

お気づきかと思いますが、必要最低限の、めちゃくちゃシンプルな表現ばかりが使われています。

 

よく英語の教科書とかで見かけるような、

「Do you have〜?」や「Would you like~?」のような丁寧な表現は、まぁまず使わないです。

 

基本、店員さんが尋ねる事にYesかNoで答えるだけ。

クレカ払いの「PIN or wave?」は少し戸惑いますが、この記事で理解すれば大丈夫なハズです。

 

日常的な英会話も勉強するべき

分厚い参考書や、小難しい英単語を勉強するのも大切ですが、日常で使われるカジュアルな英会話も勉強するべきです。

 

難しい表現をしようとしてしまい、スピーキングがぎこちなくなってしまうのは、もったいない。

やってる勉強内容は割とレベルが高いので、リーディングやライティングは問題ないのですが、会話がてんでダメな人って、結構多いように思えます。

 

難しい英単語を使おうとする余り、会話がスローになってしまうパターンです。

繰り返しになりますが、日常で使える便利なフレーズもぜひ勉強しましょう。

 

日常の英会話を伸ばす、オススメの参考書

f:id:What_I_do:20190928164202j:plain

最後に、ぼくが実際に使用した、英会話を伸ばすための参考書を紹介します。

 

基本の78パターンで 英会話フレーズ800

アマゾンでベストセラー1位を獲得した、王道の参考書。

実用性の高い動詞を、ゆるめなイラストと共に紹介してくれるので、イメージを掴んで理解する事ができました。

 

英語初学者にオススメしたい一冊。

 

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 

少し難易度が上がります。

瞬時に英作文を作る練習を積み、口から自然と英語が出るようになるトレーニング本。

 

日本語を見る→3秒で英語に訳して話す

ぼくはこういった使い方をして、英語脳を鍛えました。

 

英語のレベル自体は、中学〜高校1年レベルなので、やる気のある初心者の方にオススメ。

 

 
 
以上になります。
それでは!!