人生逆転のマレーシア留学

工業高卒のフリーターだった僕が、マレーシア留学で人生逆転

【キャッシュレスポイント還元】クレジットカードを持ってない人は完全に情弱です

f:id:What_I_do:20191002200720p:plain


こんにちは、Yuto(@Just_Yuto)です。 

日本では、10月からキャッシュレスポイント還元が始まりましたね。

 

海外ではキャッシュレスが普及しており、僕の住むマレーシアもそうです。

ぶっちゃけ、今の時代に現金派はかなり情弱だと思います。

 

未だに現金派の人は、はっきり言うと情弱ですよね。僕の住むマレーシアでは、現金なんて少ししか持たないです。🙎🏻‍♂️「クレジットカードは危険だから…」みたいな理由をたまに聞きますが、抽象的過ぎますよね。時代はキャッシュレスです。ただ、リボ払いには気をつけましょう🙌

 

ツイートの通りです。 

なぜ現金派よりクレカ派の方が良いのか?いくつか理由を上げます。 

 

クレジットカードを持ってない人は、完全に情弱です

f:id:What_I_do:20190930191257j:plain

 

日本はキャッシュレス後進国です。

多分、「クレカ=危険」みたいな謎理論があるからですかね。

 

ただ、あんまり詳しくない人の気持ちになってみると、分からなくもないです。

現金派の主張
  • ①:不正利用が怖い
  • ②:落としたら悪用される
  • ③:無駄遣いしちゃいそう

よく耳にする現金派の主張はざっくりこんな感じですかね。

これに対する僕の反論を交えつつ、掘り下げていきましょう

 

①:不正利用が怖い

「情報を盗まれて、不正利用されそう・・」

こんな感じの意見は、中年層が持ってるイメージな気がします。

確かに、度々「情報が漏えいした」みたいなニュースが流れますし、こういうのに疎い人はネガティブな印象を持つのも納得です。

 

反論:請求書をチェックすればOK

請求日の何日か前に、請求書が送られてくるので確認しましょう。

僕がメインで使っているエポスカード は、利用後すぐに詳細メールが届きます。

また、いつでもネットで利用状況をチェックする事が可能です。

万が一身に覚えのない額を請求されたら、速攻でカード会社に連絡すればOKです。

 

②:落としたら悪用される

「クレカを落としたら、悪い人に使われて人生終わりそう・・」

これもよく聞きます。

まぁ、分からなくもないです。カードですから、薄いしスグ無くしてしまいそうですもんね。

 

反論:利用停止すればOK

対処法はマジで簡単です。

カード会社に電話すれば、利用停止にしてくれます。

むしろ、現金を落とした方がヤバいですよね。ほぼ返ってこないですし。

 

③:無駄遣いしちゃいそう

「いくらでも使えるから、ついつい無駄遣いしちゃいそう」 

これは20代が良く言いますよね。

大学生や新卒社会人で、あんまりお金が無いのに使い過ぎてしまう事を懸念している訳ですね。

 

反論:自己管理しましょう

シンプルに自己管理をしましょう。

クレカが原因では無く、浪費グセがある事が問題ですよね。

常に使い過ぎないように心がければ良いだけの話です。

 

逆に、クレカのメリットって何?

f:id:What_I_do:20191002191447j:plain

 

僕が長年使った感じでは、メリットだらけですよ。

今思いつく限りでまとめますね。

  • ポイント還元
  • 年会費無料
  • ATMに行く手間が省ける
  • 海外保険がついてくる
  • 海外でも安全に使える

ざっくりとこんな感じ。

基本的に、僕は年会費無料のクレカしか使いませんが、かなり恩恵を受けています。

 

特に、ポイント還元海外保険はマジでアツいです。

 

ポイント還元

冒頭でも触れましたが、10月からキャッシュレスポイント還元が始まりましたね。

コンビニを含む小売店で買い物をすると、最大5%のポイントがつくキャンペーンです。

 僕は増税前からクレカ派でしたが、クレカを作ってから1年後には1万円分のポイントが貯まっていました。

キャッシュレスポイント還元が開始されたので、ますますポイントは貯まりやすくなります。

こんなに恩恵があるのに、クレカを作らないのはかなり損ですね。

 

海外保険がついてくる

これ、個人的に嬉しいです。

海外で何かあった時の保険が、無料でついてくるんです。

 

例えば、僕の愛用するエポスカードの海外保険はこんな感じ。

  • 食中毒で入院→最大270万円
  • デジカメを落として破損→最大20万円
  • 他人の物を壊してしまった→最大200万円

普通に海外保険へ加入すると、安くても3万円くらいします。

しかし、クレカさえ持っていれば保険は適用されるので、エポスカードはかなりアツいです。

 

リボ払いはダメ絶対

一見、メリットだらけのクレカですが、このブログを読んでる方に一つだけ伝えたいです。

リボ払いだけは絶対避けてください。

「リボ払いって何?」という方向けにざっくり説明をすると、分割払いの事です。

10万円の商品を購入した場合

  1. 一括払い:翌月に全額の10万円を支払う 
  2. リボ払い:月々4,000円ずつ支払う

 エポスカードの場合はこんな感じです。

一見、月々の支払い額が減るのでお得そうに聞こえますよね?

しかし今回は、何がダメなのかを暴露します。

 

何故リボ払いはダメなのか

それは、利息が発生するからです。

先ほど、10万円を毎月4,000円ずつ支払う例を上げました。

その場合の返済期間と、利息(手数料)をまとめます。

  • 月の返済額;4,000円
  • 返済期間:31ヶ月
  • 利息:約26,000円  

注目すべき場所は利息です。

謎に26,000円もの大金をプラスで払わなければなりません。

 

何故、クレカが親切かというと、リボ払いを使わせて利息をGETしたいからなんです。

僕がリボ払いをオススメしない理由はこれです。

 

オススメのクレカを紹介

クレカのメリットとデメリットが分かったところで、オススメのクレカを紹介したいと思います。

 

結論は、下記の2つです。 

 いずれもかなり大手のカード会社なので、安心して利用する事が出来ます。

エポスカード 

僕がこよなく愛するクレカです。

無料で使えて、かつ海外保険やポイント還元といったサービスが付帯しています。

初めてクレカを発行するなら、エポスカードで良いんじゃないかなと思います。

【エポスカードの申し込みはこちら】

 

楽天カード 

クレカって破損したり紛失する可能性が高いので、その時にサブとして別のクレカがあったら、とても役に立ちます。

また、楽天カードは審査がかなり緩いので、学生でも余裕で発行できます。

エポスと同じく、海外保険の付帯やポイント還元のサービスも充実しているのも嬉しいですね。

【楽天カードの申し込みはこちら】

 

まとめ:リボ払いにさえ気をつければクレカは最高 

f:id:What_I_do:20191002193102j:plain


 

年会費無料で、これだけのメリットを受けれるのに「なんか危険そう」という理由だけでクレカを持たない人は完全に情弱ですよね。

10月から増税と共に、キャッシュレスポイント還元も始まりました。

これを機に、クレカを作ってより賢く買い物をするべきです。

 

情報漏洩の危険性などを考慮すると、やはり大手のクレカがベストです。

あなたはどちらのクレカを発行しますか?

 

楽天/エポス